テコム 出版事業部
歯学関連書籍のご案内

DES歯学教育スクール

歯科国試対策DESNET


『KEY WORDS CBT』シリーズ
  [シリーズの説明を見る]
KEY WORDS CBT 3.チェックテスト 基礎篇(第4版)

歯学教育モデル・コア・カリキュラム完全対応! 最新統計数値に対応し,CBTを完全制覇!!

KEY WORDS CBT 3.チェックテスト 基礎篇(第4版)

販売中購入する
DES歯学教育スクール 編
B5判,748頁,1色刷(一部4色刷)
2013/09/27発行
\9,720(本体\9,000+税\720)
ISBN 978-4-86399-213-9
CBT新コア・カリキュラムに完全対応!
新作問題大幅増補。新統計数値,法令改正等のトピックスにも対応。
ゆったりとしたレイアウトで学習効率アップ!
「WEB TEST PLUS」でネットによる疑似CBT体験。
既刊「1.基礎篇」に完全対応で,併用により学習効果倍増。
    [正誤情報]

改定にあたり
 H23年度に歯学教育モデル・コア・カリキュラムが改定され,歯科医師として求められる基本的な資質が掲げられた。
  1. 人の口腔健康を守ることで,人の心と体を守ることに寄与する歯科医師の職責への十分な自覚のもとに,歯科医師の義務や医療倫理を遵守し,絶えず患者本位の立場に立つ。
  2. 生命の尊厳についての深い認識のもとに,豊かな人間性を有する。
  3. 歯科医師としての業務を遂行する職業人として必要な実践的能力(統合された知識,技能,態度・行動に基づく総合的診療能力)を有する。
  4. 人間理解に立った高い協調性のもとに,医療チームの一員としての行動や後輩等に対する指導を適切に行える。
  5. 患者及びその家族の秘密を守る。
  6. 歯科医師として,地域における医療・保健・福祉などの連携および医療の経済的側面などの医療を巡る動向に関心・理解を有する。
  7. 歯科医学・医療の進歩における歯科医学研究の必要性を理解し,研究に参加するとともに,絶えず医療の質の向上に努め生涯にわたり学習する意欲と態度を有する。
 共用試験は,共通基準を設けた組織的評価を行うために,コア・カリキュラムに基づき,全国各大学が参加して試験問題を作成し,知識の評価にはCBTを,診察技能・態度の評価にはOSCEを用いている。
 全国成績は,平均点が70.0%前後で,問題セット間の平均難易度の標準偏差は0.50と,問題の難易度差は極めて小さい範囲に維持されている。基準点を超えない学生は再試験を受験しなければならず,再試験を受験する学生数は年々増加している傾向にある。また,再試験でも基準点を超えない場合,大学によっては留年となることもある。
 数多くの問題に触れてもらうため,改定にあたりKEY WORDS CBT 3. を基礎篇と臨床篇の2冊に分冊した。また,図表や画像を取り入れた問題を追加した。問題数は多いが,計画を立て,効率的に進んで欲しいと思う。

2013年9月  
KW CBT編集委員会  

目次
A 基本事項
A-1 患者の尊厳
A-2 医の倫理
A-3 歯科医師の責務
A-4 インフォームドコンセント
A-5 歯科医療における安全性への配慮と危機管理
 1)安全性の確保
 2)医療上の事故等への対処と予防
 3)医療従事者の健康と安全
A-6 生涯学習
 1)生涯学習への準備
 2)研究マインドの涵養
A-7 対人関係能力
 1)コミュニケーション
 2)医療面接
 3)患者中心のチーム医療

B 社会と歯学
B-1 健康の概念
B-2 健康と社会,環境
 1)歯科医師法・関係法規
 2)保健・医療・福祉制度
 3)歯科による個人識別
 4)環境と健康
B-3 予防と健康管理
 1)予防の概念
 2)口腔疾患の予防と健康管理
B-4 疫学・保健医療統計
 1)口腔疾患の疫学
 2)保健医療統計
 3)保健医療情報

C 生命科学
C-1 生命の分子的基盤
 1)生命を構成する基本物質
 2)遺伝子と遺伝
 3)細胞の構造と機能
 4)細胞のコミュニケーション
C-2 人体の構造と機能
 1)身体の部位と方向用語
 2)個体発生,器官発生
 3)身体を構成する組織,器官
  (1)組織(上皮組織,結合組織,筋組織)
  (2)運動器系
  (3)循環器系
  (4)感覚器系
  (5)神経系
  (6)消化器系
  (7)呼吸器系
  (8)内分泌系
  (9)泌尿器系
  (10)生殖器系
  (11)血液,造血器,リンパ性器官
 4)人体諸器官の成長,発育と加齢変化
C-3 感染と免疫
 1)感 染
 2)免 疫
C-4 病因と病態
 1)細胞傷害,組織傷害および萎縮
 2)修復と再生
 3)循環障害
 4)炎 症
 5)腫 瘍
 6)疼 痛
C-5 生体と薬物
 1)薬物と医薬品
 2)薬理作用
 3)薬物の適用と体内動態
 4)薬物の副作用と有害作用

D 歯科生体材料と歯科材料・器械
D-1 素材と器械・器具の所要性質
D-2 成形法と成形用材料

TOP   

<<戻る
 586479