テコム 出版事業部
正誤情報・法令改正情報・最新統計情報・診療ガイドライン関連情報
正誤情報(書籍の指定)
別の書籍を検索するには,再度書籍を選択し,[表示]ボタンを押してください。


 ページ順 更新日順
 印刷用ページの表示

第100回薬剤師国家試験問題解説書(薬剤師 新・国試がわかる本 2016 別冊)
p.4 問2 選択肢考察 4行目 式1)  [2015/09/28追加]

p.441 問234 解法ポイント 6〜7行目  [2015/06/11追加]
葉酸製剤の一つであり,過敏症状が起こることがある。酢酸ヒドロキソコバラミン製剤も葉酸製剤であるが,副作用はない
ビタミンB12製剤の一つであり,過敏症状が起こることがある。なお,酢酸ヒドロキソコバラミン製剤もビタミンB12製剤であり,同様に過敏症状を起こしうる

p.451 問241 選択肢考察2  [2015/07/09追加]
訂正内容×2 コカインの構造式である。コカインはコカの葉から抽出されるアルカロイドであり,非常に依存性の強い麻薬(クラックなどの呼び名が知られる)として知られる。向精神薬ではない。

p.451 問241 選択肢考察4  [2015/07/14追加]
訂正内容◯4 フェノバルビタールの構造式である。抗てんかん薬としてよく知られるが,不安緊張状態の鎮静や不眠症にも使用される。第三種向精神薬に分類されている。

p.451 問241 選択肢考察5  [2015/07/09追加]
訂正内容◯5 クロルジアゼポキシドの構造式である。クロルジアゼポキシドは第三種向精神薬に分類される向精神薬(ベンゾジアゼピン系の抗不安薬)。コントール®,バランス®などが臨床で使用されている。

p.451 問241 解法ポイント 4行目  [2015/07/09追加]
第三種にはトリアゾラム,
第三種にはクロルジアゼポキシド,トリアゾラム,

p.457 問245 選択肢考察5 3行目  [2017/02/07追加]
大腸菌など
一般細菌