テコム 出版事業部
正誤情報・法令改正情報・最新統計情報・診療ガイドライン関連情報
正誤情報(書籍の指定)
別の書籍を検索するには,再度書籍を選択し,[表示]ボタンを押してください。


 ページ順 更新日順
 印刷用ページの表示

国試108 ― 第108回医師国家試験問題解説書
p.6 [108A-5] ポイント 1行目  [2014/04/17追加]
cは食道であり,
aは食道であり,

p.92 [108B-10] 解説者コメント 1行目  [2015/02/05追加]
ノンレム睡眠期に覚醒
レム睡眠期に覚醒

p.235 [108D-45] 選択肢考察b  [2014/04/22追加]
髄液中の乳酸値の低下などを認める
髄液中の乳酸値の上昇などを認める

p.446 [108H-15] 選択肢考察d  [2014/12/16追加]
真陽性(20)÷検査陽性(80+20)=0.2
真陽性(80)÷検査陽性(80+20)=0.8

p.502 [108I-32] 受験者つぶやき 5行目  [2016/01/25追加]
JAK2遺伝子変異で起きるもの,慢性骨髄性白血病,真性赤血球増加症,
JAK2遺伝子変異で起きるもの,真性赤血球増加症,

p.550 [108I-68] 選択肢考察e  [2014/12/16追加]
抗コリンエステラーゼ薬はその抗コリン作用により膀胱利尿筋を減弱させ,場合によっては尿閉に至る。前立腺肥大症に対する抗コリン薬は,α1遮断薬を十分に投与し,残尿量をチェックした上で頻尿改善のための投与はある。しかしながら本例は未治療であることから,単独投与は禁忌である
抗コリンエステラーゼ薬はコリンエステラーゼの作用を阻害し,アセチルコリンの濃度を上昇させ排尿筋を強くする薬剤である。通常はコリンエステラーゼ阻害薬と呼ばれる。特に排尿筋の力が弱くなる「神経因性膀胱」に対し処方されることがある(ジスチグミン,商品名:ウブレチド®)。コリン作動性クリーゼに注意が必要である

p.550 [108I-68] 解説者コメント  [2014/12/16追加]
訂正内容(削除)