テコム 出版事業部
医学関連書籍のご案内





■第7版はこちら↓
Androidアイコン


■第6版はこちら↓
Androidアイコン
医師国家試験問題解説書
  [シリーズの説明を見る]
国試108 ― 第108回医師国家試験問題解説書

信頼と実績の正答率・解答率をUP! 第108回全問題を丁寧に解説! 国試合格への「王道」がここにある!

国試108 ― 第108回医師国家試験問題解説書

販売中購入する
医師国家試験問題解説書編集委員会 編
執筆者
B5判,1,000頁,2色刷
2014/04/17発行
\6,480(本体\6,000+税\480)
ISBN 978-4-86399-241-2
各領域専門医による,実地臨床を意識した丁寧な解説!
すべての問題の正答率・選択肢別解答率を表示!
第108回国試を振り返っての詳細な傾向分析/対策指導を収載!
「受験者つぶやき」で受験者の本音や学習テクニックを披露!
別冊写真集・別冊問題集で国試を追体験できる!
    [正誤情報]

はじめに
 私が国家試験を受けたのは今から四半世紀ほど前のことになる。その直後,学生代表としてある雑誌の対談に出たのだが,講師の先生も交えた場での結論は,これからの国家試験はより臨床に即したものへとシフトしていき,長期的にはアメリカの国家試験を模したものとなるだろうというものだった。何度かの改革を経て,当時は考えもつかなかった手技問題が登場し,いや,それどころか,問題構成や時間割すら,がらりと変わり,長文問題や常識問題,多選択肢の導入など,今や隔世の感がある。
 しかし,医者の質ががらりと変わったかと言えば,断じて,そんなことはありえない。医学部に合格したうちの八割から九割が通る試験という事実は今も昔も何ら変わるところがないのだ。率からすれば,医師国家試験に通ることは,医学部に合格するよりもはるかに易しいと断言できる。確かに,医学の進歩によって問題自体難しくなっているが,それは単に時代性だけの問題で,基本的には資格を与えることを前提とした試験であると思って良い。年度による多少の変化を問題にするのはナンセンスである。
 落とす試験ではなく通す試験の中で重要なのは,過去の分析をしっかり行い,苦手分野や知識の穴を作らないことに尽きる。長年学生を指導してきてつくづく感じることは,過去問をしっかりやっておくことの重要性である。国家試験に通るコツは過去問をしっかりやっておくこと,これ以外ないと言っても過言ではない。その証拠に,本書をめくれば,単年度の問題の中にさえ問われている知識に重複が見られることに気付くだろう。国家試験合格に必要な知識と医学書の膨大な知識とがイコールではないことにも気付くはずである。日進月歩の医学界においては,五年に一度しか改訂されない権威的な成書よりも,毎年書き改められる教育書の方が優れていることもありうるのである。過去問集は教育書の最もスタンダードたるものである。六年生になったらまずは本書を購入し,収録されている一つ一つの問題を丁寧にやり,周辺知識を整理していくことを全てに優先して勧める所以である。
 本書の執筆者たちはみなその道の専門家であり,問題を表から裏から分析して,かゆい所に手の届く解説がなされている。その中には,これからの医療を担う後輩たちへの熱い想いが込められている。この国家試験の作問者たちもまた同じ想いを抱いているはずだ。不適切問題にさえ,学ぶところは大きい。そういう気概を持って,密度の濃い本書を,密度濃く読破してもらいたい。医師になるのだと強く信じて進めば,どんな苦労も必ずや乗り越えられるだろうし,到達する先は明るい未来のはずである。ガンバレ!

2014年4月  

目次
A問題 医学各論(60問)
 一般各論(20問),臨床各論(40問)
B問題 医学総論/長文問題(62問)
 一般総論(39問),臨床総論(10問),長文問題(12問),計算問題(1問)
C問題 必修の基本的事項(31問)
 必修一般(15問),必修臨床(10問),必修長文(6問)
D問題 医学各論(60問)
 一般各論(19問),臨床各論(40問),計算問題(1問)
E問題 医学総論/長文問題(69問)
 一般総論(39問),臨床総論(20問),長文問題(9問),計算問題(1問)
F問題 必修の基本的事項(31問)
 必修一般(15問),必修臨床(10問),必修長文(6問)
G問題 医学総論/長文問題(69問)
 一般総論(40問),臨床総論(20問),長文問題(9問)
H問題 必修の基本的事項(38問)
 必修一般(20問),必修臨床(10問),必修長文(8問)
I問題 医学各論(80問)
 一般各論(40問),臨床各論(40問)

索 引
写真集 別冊
問題集 別冊

TOP   


<<戻る
 1797275